Knowledge

2020年9月からマイナポイントスタート!…ところでマイナポイントって何?

みなさんこんにちは!マゼランです!

9月1日からマイナポイントがスタートしました。

このCMを見てマイナポイントの印象が頭に残っている人も多いと思います。

でも、マイナポイントって言葉に馴染みがあっても、「実際マイナポイントって何?」って思っている方多いんじゃないでしょうか?

何を隠そう私がその1人なんです(笑)   

ということで今回、マイナポイントについて調べてみました。 

 

マイナポイントって何?

 

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、
選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、
そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが
「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

総務省|マイナポイント事業より

マイナンバーカードとpaypayなどのキャッシュレスサービスを連携させることで、上限5,000円分までポイントが返ってくるみたいですね。

この5,000円はぜひ手に入れたいところ。じゃあどうしたらこの『マイナポイント』をGETできるのでしょうか? 

 

 

マイナポイントGETまでの道のり

マイナポイントを手に入れるには、

マイナンバーカードの準備が必要です。(マイナンバーカードの交付申請はこちら)

準備が整えばあとはとても簡単、

スマートフォンやパソコンからマイナポイントのサイトで予約、申込を行うか

市区町村窓口や携帯ショップ、イオンなどで予約、申込を行い、

連携をしたキャッシュレスサービスでお買い物やチャージをおこなうだけ。

MAXの5,000円を入手するには20,000円分チャージかお買い物をすればOKです。

paypayLINEpayメルペイなど主要なサービスはほとんどが対応しています。  

 

日本国民全員に5,000円GETのチャンスがあるマイナポイント制度。

仮に国民の半数が利用したとしても、

5,000(円)×6,000(万人)=3,000億円のポイントが付与されることになります。

マイナポイント制度を推進している日本の政府の目的は何なのでしょうか? 

 

 

マイナポイントの狙い

マイナポイントの狙いはずばり、

①キャッシュレスの普及 と ②マイナンバーカードの普及 です。

マイナポイントを入手するには、マイナンバーカードを作ることキャッシュレス決済を使用することが必要ですよね。

マイナポイントを利用するために、マイナンバーカードを作って、キャッシュレスを使用することを政府は期待しているのです。 

 

キャッシュレスの普及(参考:経済産業省|キャッシュレスの現状及び意義)

現在、日本のキャッシュレス決済比率は2割程度、したがって8割のお買い物は現金で行われています。

これは世界主要各国の4〜6割を下回っています。

政府としては、将来的にキャッシュレスの比率を8割にまで上げることを目指しています。

これにはいくつかの理由があります。 

 

消費の刺激

お金を持たなくなることで利便性が高まります。携帯やカード以外手ぶらで買い物ができたらとても楽ですよね。

また、現金を使わないことで、お金を使うことへの抵抗が軽減され、消費額が上がるとも言われています。

さらに、キャッシュレス化が進んでいる外国からの観光客の中には、「キャッシュレス決済が利用できたらもっと買い物をした」という声を上げる方も多いようです。

日本にもっとキャッシュレスが浸透すれば、そんな不満の声を減らし、消費のチャンスを拡大できるというわけです。 

 

経費の削減

お金を作ったり、流通、管理するためのは非常に経費のかかることです。

現在の現金決済のシステムを支えるためには年間1.6兆円ものコストがかかっています。

これには店舗でのレジ管理などに関するコストも含まれています。

アルバイトやお仕事でレジに関わる方は、現金決済が減れば仕事が楽になることに納得していただけるのではないでしょうか。 

 

データの活用

現金での支払いでは、基本的にデータは残りません。

しかし、キャッシュレス決済を利用すれば、どこで何を買ったかなどの情報が残ります。

この情報をもとに、ハイレベルなマーケティングが行え、より消費者のニーズに即したサービス提供を行うことが可能になります。

同様に、キャッシュレス決済ではデータが残ることから、マネーロンダリングなどのお金に関する犯罪への対策にもなります。 

 

 

マイナンバーカードの普及(参考:総務省|マイナンバー制度)

マイナンバーカードは、日本国民一人ひとりに番号をつけて、その番号を一元管理することで

1.公平・公正な社会の実現、2.国民の利便性の向上、3.行政の効率化

を図ることを目的としています。

最大の目的は、預金口座にマイナンバーを紐づけることで個人の所得をはっきりさせ、税金をしっかり治めさせることだと言われています。 

 

まとめ

マイナポイント制度で5,000円分のポイントがもらえるのはとても魅力的ですよね。

利用方法も比較的簡単でぜひ利用したいキャンペーンです。

また、ただただ嬉しいキャンペーンのように見えるマイナポイント制度の込められた狙いを知ることで、

さらなる興味を持っていただけたのではないでしょうか。

 

 

-Knowledge

© 2021 My Blog Powered by AFFINGER5